医院ブログ

きれいな水で治療を

治療の説明
こんにちは。院長の松本です。

今回は当院に設置してある歯科ユニットウオーターライン除菌装置ポセイドンについてご説明いたします。

皆さんは診療室へのドアの手前右手にガラスのショーケースがあるの知ってましたか?
特に足元のガラスケースに小さめの装置があるのを知っていました?

ポセイドン

その小さな装置が今回説明する装置ポセイドンです。

何をする装置かというと歯科医院で使用する水全てを除菌する装置です。

あまり知られていませんが一般的に歯科医院では普通の水道水が使われています。
そして歯科医院の診療台は使ってない時、すなわち給水が止まっている時に水道水の塩素濃度が徐々に低下し、
微生物が繁殖し微生物汚染がすすむという事実があるのです。

この装置ポセイドンは塩素濃度を自動的に補正して除菌してくれる、非常に人にも機械にも優しい衛生的なシステムです。

勿論、飲用としても全く問題ございません。

歯医者というのはそもそも皆さんのお口の中に触れるわけで水も機材も清潔であるのが望ましいのですが…。
 
残念ながら歯科業界では数年前まで歯を削る機材(タービン)でさえ使い回しが主流であったのです。
新聞やテレビで話題になったため、最近は衛生面に重点を置き機材を患者さんごとに交換し滅菌するという歯科医院さんも増えてきてますが、
(当院は当然、患者さんごとに機材を交換し滅菌しております。滅菌できないものは使い捨てでありゴム手袋も毎回交換しておりますので御安心ください。)
診療台に給水される水にまで配慮している歯科医院はまだまだ非常に少数です。
というよりも、歯科の業界では歯科診療台に給水されている水は汚染されているという認識がまだまだ知れ渡ってないというのが現状です。

いくら、患者さんごとに機材を交換しようが滅菌しようが、治療の時に使用する水が汚染されていたら全く意味がないと皆さんも思いませんか?

その点がすごく気になっていたので今回歯科医院を開業するにあたりこのポセイドンを設置してみました。

これからも衛生的な環境で診療していきますので皆様も御安心ください。


株式会社 サンメディカル http://selfmedical.jp/
きれいなお水の歯医者さん http://mizukirei-dc.com/