医院ブログ

次亜塩素酸水による空間除菌について

医院情報
こんにちは。院長の松本です。
今回は次亜塩素酸水による空間除菌について簡単に説明いたします。
消毒用アルコールの不足により、昨今、注目されるようになってきた次亜塩素酸水ですが今の処、玉石混交といったところでしょうか。コロナ以前は一部のメーカーが歯科医院をはじめとした医療機関を中心に卸していたイメージですが現在ではドラッグストアやネット上で多数目に致します。製法や原料などが不明な製品も見受けられ、中には次亜塩素酸と名前が似ていますが刺激の強い次亜塩素酸ナトリウム(キッチンハイターなどの漂白剤)を薄めただけで次亜塩素酸水と言い張る人体に影響を及ぼす商品も報告されておりますので皆様お気を付けください。

次亜塩素酸水の特徴としては消毒用アルコールでは果たせなかった、専用の噴霧器や加熱式を除いた加湿器を利用することで、空間除菌が可能だということです。

次亜塩素酸水の噴霧については、経済産業省と独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)が、次亜塩素酸水として販売されている製品は、製法(電気分解、混和等)や原料が明記されておらず、液性をpH値によって明記しないものも多く、安全性も根拠不明なものが多いとして、安全性が不明な次亜塩素酸水での噴霧除菌は控えるよう、注意を促していますが、正しい電気分解法で作られた次亜塩素酸水を使用した場合の噴霧除菌に関しては、岡山大学医学部などの研究で、その効果と安全性が確認されています。

当院でも主に、歯科医院にて噴霧用で利用されており、長い間実績がある液剤である次亜塩素酸水『グリーンアクア』を院内に噴霧する事によって、空気中のウイルスなどの除菌洗浄を行っています。

次亜塩素酸水は従来のコロナウイルス、インフルエンザウイルス、ノロウイルスには効果実証済みですので新型コロナウイルスの接触感染や飛沫感染を防ぐことに効果が期待されています。

経済産業省からの要請を受けた、独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)は【電気分解法で生成した次亜塩素酸水】を、新型コロナウイルスに有効である可能性がある消毒方法として選定されております。

詳しくは下記リンクより御確認お願い致します。
NITE見解【出典:経済産業省ウェブサイト】https://www.meti.go.jp/press/2020/04/20200415002/20200415002.html

新型コロナウイルスに対する有効性はまだ、研究途上にありますが除菌範囲も広く速効性があるので新型コロナウイルスの予防策として十分活用することが期待されております。