マタニティー歯科

マタニティー歯科
はじめに 母子手帳に、歯科の項目があるのはご存知ですか? 妊婦さんの歯の健康を保つためにあるだけでなく、生まれてくる赤ちゃんを虫歯だらけにさせないように歯のチェックをする必要もあるのです。
マタニティー歯科は「歯が痛いから行く歯科」ではなく、「お母さまと、生まれてくる赤ちゃんのお口の健康のために行く歯科」です。
今回は妊娠中に定期的な歯科健診をお勧めする理由についてわかりやすく説明いたします。

妊娠中は心と身体がとても大きく変化します。
不安になってしまったり、ストレスを感じてしまったりと今までに無い経験をされているかと思います。
実は、お口の中も例外ではなく、唾液の量が減って虫歯や歯周病になるリスクが高くなります。
症状が出る前に歯科検診に行ってお口の中もしっかりと整えて赤ちゃんを迎える準備をしましょう。
今回は、妊娠期に起きやすいお口の中のトラブルと治療の時に妊婦さんから聞かれる不安にお答えします。
妊娠中の方に参考にして頂けると嬉しいです。

妊婦に発症しやすいお口の症状

妊娠による身体の変化はお口の中にも現れることがあります。
ホルモンバランスの変化・つわりや食生活のパターンの変化などがお母さんのお口の中の環境を悪くしてしまうことがあります。

歯肉炎・歯周炎

妊婦さんは、歯肉炎や歯周炎の方が比較的多くいます。
妊娠したとたん、出血しやすくなったという方が50%というデータもあります。
間食・食事の増加や、つわりなどによって歯みがきが充分にできないという理由や、妊娠すると唾液量が減ってしまうということが理由として考えられます。
反対に、虫歯菌や歯周病菌は増えるのでそれらの菌によってプラーク(歯垢)が作られてしまいお口の中をネバネバにしてしまうのです。
水分量の多い果物や繊維質の多い野菜などをよく噛んで食べたり、キシリトールガムなどを噛んで唾液の分泌量を増やしてあげることも良いでしょう。

妊娠性エプーリス

歯茎にできる良性の腫瘍で、妊娠3か月頃からみられることがあります。
強い赤みを帯びて、出血しやすいのですが、出産と共に小さくなって自然消失する場合もあります。
原因としては外部からの刺激と感染による炎症性刺激に加えて女性ホルモンの変化による内部からの刺激によるものが大きく関わっていると考えられています。
これを放置してしまうと悪化して歯周病になってしまうこともあるので注意が必要です。
歯茎に腫瘍の様なものが見られたら、一度歯医者さんに相談してみてくださいね。

虫歯

虫歯になってしまう理由は妊娠前と妊娠中とでは、基本的に変化はありませんが、女性ホルモンの増加によって唾液の量や質が変わってしまったり、つわりなどの影響でお口の中の環境が悪くなってしまい虫歯になってしまうケースが多々あります。
虫歯菌は、お母さんの唾液を介して感染します。生まれてくる赤ちゃんの為にも虫歯菌の少ない環境を整えてあげましょう。

虫歯になったときに知っておきたい3つのこと

下記の3つの項目は、当院でも妊娠中のお母さんから聞かれる不安点です。
妊娠中の虫歯の治療に不安を感じている方は、ぜひ参考にしてください。

レントゲンは赤ちゃんに悪い影響はありませんか?

歯科医院で使用しているレントゲンは歯の部分のみを映すものです。
しかも、撮影する時は鉛でできたエプロンを着用するので心配ありません。また、当院のレントゲンは最新式で従来のものと比べて被爆量は10%程との事です。
赤ちゃんが被爆することはありませんので、安心して下さいね。

治療で麻酔をしても大丈夫でしょうか?

歯科で使用している麻酔は歯茎に打っていますが、無痛分娩にも使用される麻酔と同じなんです。
そして、局所麻酔なのでお腹の赤ちゃんへの影響は心配しなくても大丈夫です。安心して治療を受けてください。

治療中にお腹が苦しくなってしまったら…

お腹が大きくなってきたら仰向けでいることがつらいこともありますよね。
その時は遠慮なく言いましょう。大切な命がお腹にいるのです。
椅子の角度や治療時間など少しずつ休憩しながらでも十分配慮して治療してくれるはずです。
お腹の中の赤ちゃんのためにも無理して我慢するようなことはしないようにしましょうね。

妊娠中のお口のケア

妊娠中のお口のケア
妊娠中は、出来る限り無理のない程度に歯ブラシで歯磨きをしましょう。
子ども用の歯ブラシなどの小さめのものを使うのもオススメです。
歯ブラシが難しい様でしたら食後に水を飲んだり、キシリトール入りのガムやタブレットを口にできるようなら活用しましょう。
もし、虫歯になってしまったら安定期に入ってから治療することをおすすめします。
先延ばしにするとどんどん進行してしまうこともありますし、育児に追われて治療どころではなくなってしまうこともあります。
妊娠中であることを歯科医師に伝えればお腹の赤ちゃんに影響のない治療を行ってくれますので、遠慮せずに相談してみてくださいね。
虫歯菌や歯周病菌はお母さんや大人の唾液でうつります。
生まれてくる赤ちゃんのためにもより良いお口の環境で迎えてあげたいですね。

お口の中に不安を感じたら歯科検診を受診しよう!

少しでもお口の中に違和感を感じるようであれば、歯科検診を受診されることをオススメしています。
歯科検診ではお口の中の状態を把握するために、下記の4つのことを調べます。

虫歯の有無を調べます

明らかに虫歯になっている虫歯から、自分では気づきにくい症状のない初期虫歯などを調べます。
昔詰めた銀歯とご自身の歯の間が二次的に虫歯になっていないかなど細部にわたって調べます。

歯石の有無を調べます

小さなミラーを使用して歯の裏や歯と歯の間の歯石の有無を調べます。
この小さな歯石が歯周病を進行させてしまう恐ろしい力を持っているのです。

歯茎の炎症を調べます

歯茎が赤くなり炎症を起こしていないか?
ホルモンバランスによって炎症を引き起こしてしまうこともありますが、磨き方による炎症の場合もあります。
歯石の付着状況による炎症もあります。その原因が何なのかを調べてもらいましょう。

妊娠中は一般的に3ヶ月に一度、歯科検診したほうが良いといわれております。
その時は是非お気軽にお越し下さい。